暖かいキャミソール

暖かいキャミソールを身に着ける時期について

秋や冬になると、タートルネックやVネック、Uネックなど多種類の形をしたヒートテック商品を多くの店舗で見かけることがありますが、ヒートテックのような保温効果は暖かいキャミソールでも期待することができます。
夏に身に着けることが多いイメージから、保温効果のあるものは生活に必要なのだろうかと感じる人もいるかもしれませんが、暖かいキャミソールは、季節の変わり目である春や秋に有効活用することができると言われています。
季節の変わり目は、朝晩の冷え込みを感じることが多いので、そういった冷えからしっかりと守ってくれ、日中気温が高いときには袖が無い分、快適に過ごすことができるというメリットがあります。
また、会社や学校など冷房が効きすぎているという場所にいるときであっても、体の芯を守ってくれるので、冷え症に悩む女性も安心して身に着けることができます。
寒い季節は何を着ても寒く感じると言う人は、インナーを意識してみるのもいいかもしれません。

涼しく暖かい機能性キャミソール

キャミソールは、1枚はもちろん重ね着コーディネートもできる、暑い夏だけではなく、通年活躍するアイテムです。
インナー用のキャミソールも、色柄や素材などのバリエーションが豊富です。
透けにくいベージュや白などの定番カラーから、見えてもオシャレなデザイン性の高いものまで選べます。
春夏は速乾・吸汗などさらっとした手触りのものが人気です。
一方、秋冬は暖かい肌触り、保温や保湿性を備えた機能性インナーとして、下着メーカーやアパレルメーカーで商品開発が進んでいます。
袖がありませんが、胴回りの暖かさや機能性、フィット感をアップさせているので、長袖インナーのように着ぶくれの心配がなく、秋冬の着こなしをスマートにしてくれます。
腹巻の機能を備えた丈が長めのタイプは、捲りあがるのを防ぎ、背中やお腹、腰回りまで暖かく快適な着心地です。
軽量で薄いのでアウトドアでも活躍し、コンパクトに収納でき、旅行など持ち歩きにも便利です。

pickup

Last update:2017/4/7