生地の選び方

おすすめのキャミソール生地

夏はキャミソールが大活躍する季節です。
夏が終わってもインナーとして使われる方も多いと思います。
なので、生地はやはり汗を吸い取り、臭いがあまり出ない綿素材がおすすめです。
個人的にはさらにポリウレタン配合の伸縮性のある体にフィットするタイプだと動きやすくて好きです。
最近では綿と同量のポリエステルが含まれてるものが多いです。
夏のDRY下着と称され販売されているものはほとんどポリエステルでできているものも多いです。
ポリエステルが配合されるととても乾きやすくなります。
ですがポリエステルは汗を吸い取らないため、汗の臭いが気になります。
ポリエステルが配合されているなら同量以上の綿が配合されてるものを選ぶと良いでしょう。
あと、夏はブラ付きキャミソールもおすすめです。
普通のブラだと締め付けがキツく、ナイロン等でできてるので蒸れて気持ち悪かったりしますが、ブラ付きキャミソールは締め付けもほどよいのにホールド力もそこそこあるので、夏はこれ一枚にカーディガンでも羽織ればOKです。

キャミソールの生地はとても重要です

キャミソールの生地を意識する人は少ない傾向にありますが、実はとても重要な要素となっています。
キャミソールとは、下着の上に着用する衣服ですので、直接肌に当たる部分も多くあります。
そのため、敏感肌など、肌が弱い方は生地によっては肌荒れを起こしてしまう場合がありますので、どのような素材が使用されているのかチェックをしておく事はとても大切です。
キャミソールの価格は使われている素材によっても上下するものですが、安い品質を選んでしまう場合には肌荒れなどを起こしてしまう原因になる可能性が高くなりますので、自分の肌質に合った素材が使用されている物を選択する事が最適です。
高い素材であれば肌に優しいと言う訳でもありませんので、なるべく購入をする前には使用されている生地をチェックしておく事が大切です。
肌質に合うものであれば、肌荒れの心配も無く、安心して着用する事が出来ます。
肌に直接触れる事の多い部分ですので、とても大切です。

check

最終更新日:2017/4/7